サービスの極意「何気ない一言」

2019/11/15

MASAKI (マサキ)です。
 

メガネ、やめたんですか?




「めがね、やめたんですか?」

2週間に一度は、親子(お母さんと娘さん)で、ご来店いただいてる方なのですが

今日は、眼鏡をしていなかったんです。

キッチンからは、ちょっと離れた席に着いたのと、金曜日の忙しさに追われて今日はお話しするタイミングを見つけられないままどんどん時間だけが過ぎていきました。

そんな中でも、娘さんがいつもと違う状況に、気付きちょっとお話したいなと思いつつも追加オーダーと新規のオーダーが立て続けに入ってくるので、グリルから離れることがなかなかできなかったんですね。

そうこうしている間に、その親子はステーキを食べ終わってしまい

お会計。

帰り際にキッチンからひと言

「あれ、いつも眼鏡してませんでしたっけ?やめたんですか?」

と声をかけると

「ありがとうございます!この子、遠視が治ったんですよ!」

嬉しくて、つい微笑んでしまいました。

そのお母さんも、ほんとに嬉しそうで、こういうほっこりとした気持ちになれるのも

いつも気にかけているからだと思うんです。

お客様のことを気にしていなかったら、そして、お客様に何気ない一言をかけていなかったら

こんなひとコマは、絶対に体験できないと思うんです。

この瞬間は、ほんとにサービス業についていて良かったと思える瞬間だと思います。

お客様の異変に気付いたら、ぜひ、一声かけてあげてください。

その一言が、お客様との関係を今まで以上に密にしてくれるはずですよ。




「今日も元気だね~!」

よく来て下さる3人家族。ご夫婦と、小学生の娘さんなのですが、

今回は、娘さんの目に力がありすぎる!

オーダーを取り終えると、

肉を焼いてるグリルをものすごく強い目力で見ています。

まるで、レーザー光線でも出ているかのよう…(笑)

注文してくれたのは、300gのプレミアムハラミステーキ

いわゆるプレハラ。

焼き上がって、娘さんの目の前にステーキを置いた瞬間、まだ食べてもいないのに!

「これっ!美味しいっ!」って、

「まだ食べて無いでしょ!?」

とお母さんにも突っ込まれてるし…。

ミディアムレアに、仕上げたプレハラを見て

「いっただきまーす!」

「今日も元気だね~!」

と一言かけるといつも通り家族との会話がはずみます。

どうやら先週まで、家族そろって風邪をひいていたようです。

来たくてもこれ無くて、やっとのことで今日来ることが出来てよかったといっていただきました。

この家族とお話するようになったのは、ずいぶん前のことですが、

家族で話をしているところが、耳に入って来たのでついつい家族話に割って入ったのが、きっかけ!

あれがなかったら、今日みたいにお互いにワクワクする時間を楽しむことは出来なかったと思います。

私は、お客様同士の話によく割って入ることがあります。

気になることを話していたら、やっぱり気になるし。

ついつい、割って入っちゃうんですよね(笑)

でも、それで何度もリピートしてくださっているのでこれはこれで、私のサービススタイルだと思っています。

あなたも、時にはお客様の話に割って入ってみてください。

サービスの世界観が変わると思いますよ!